Performance

床暖房が無くても

 

熱は伝わっていく

床の表面温度は?
 

 
 こちらの画像はYKKの実験棟の温度分布です。
サッシの断熱性能が良い場合、室内の温度も高い位置でキープでき
部屋全体に熱が伝導し、壁・床・天井は蓄熱される。
 
 

 
 こちらは、サーモカメラの様子。ガラスが冷えて、コールドドラフトが
発生し、床面などを冷やしながら、室内全体の温度を下げてしまっている。
 
 
 

 

 
 こちらは、雪の降っている日に、弊社のモデルハウスの室内状況を
サーモカメラで撮影した画像です。
玄関の土間床面の温度が23.5℃を表示しています。
エアコンの設定温度は23℃で、室温は24℃前後でした。
 
 

 

 
こちらは、2階子供室の床です。
この下は、インナーガレージになっており。ガレージ内は無断熱なので5℃ぐらいですが、2階床下には420ミリの断熱材を施してあり、一切影響はありませんでした。
 
この様に、構造でしっかりと断熱・気密施工が行われていれば、十分に室温はハイレベルのまま保たれて、床面も床暖房無しでも、裸足で過ごせます。
逆に床暖房は、光熱費もかかり、将来のメンテナンスを考えると、とても高い設備機器と考えれます。